クリニック紹介

HOME | クリニック紹介

医師紹介

施設紹介

検査機器紹介

医師紹介

 
はじめまして。
寒川こどもとアレルギーのクリニック
院長の 三宅 隆太(みやけ たかひろ) です。
 
総合病院で15年間 小児科医として、アレルギー科医として診療にあたってきました。これからは、寒川地域のかかりつけ医として患者さんに寄り添った医療を提供したいと思います。
 
寒川町は神奈川県の中央部に位置して利便性が高く、自然が豊かで子育て環境に恵まれた素敵な町だと思います。このような素敵な町で成長する子どもやママ・パパの健康と笑顔をサポートしていきます。皆さん、よろしくおねがいします!

経歴

  • 高知大学医学部卒業(2006年卒)
  • 湘南東部総合病院初期研修
  • 千葉西総合病院小児科
  • 宇治徳洲会病院NICU
  • 湘南鎌倉総合病院小児科部長

 

資格

日本小児科学会認定

小児科専門医

日本アレルギー学会認定

アレルギー専門医

  • 神奈川県指定小児慢性特定疾病指定医

 

趣味

子供と遊ぶこと。DIY。
いつかキャンプにチャレンジしてみたいです。

小児医療というものは、ただ薬を出して終わりではありません。
今起きている症状に対して、患者さん(小児科では保護者)に説明をして理解してもらい「安心してもらう」ことが最も大切です。
病気の説明や自宅で看病する上での注意点を説明するだけでお薬を出さないこともあります。なぜかというと薬が必要ではない病気もたくさんあるからです。
「薬が処方されない」
それでも診察室を出るときには安心することができて少し笑顔になれる。そんな心の通った診療ができるクリニックを目指します。(もちろん必要なときにはしっかりと薬を出すので安心してください)
保護者の愛情あふれる看病はどんな薬よりも効果的です。おうちで看病するときの不安な気持ちを少しでも減らせるようにスタッフ一同全力でサポートします。ぜひお気軽にご相談ください。
 

こどもとママとパパのためのクリニック

 

院長 三宅 隆太みやけ たかひろ


非常勤医師紹介

小児科

弘中 文代 先生
 
毎週火曜日
 

経歴

  • 山形大学医学部卒業(2001年)
  • 湘南鎌倉総合病院初期研修
  • 国立成育医療センター新生児科、神経内科
  • 湘南鎌倉総合病院小児科
  • 湘南かまくらクリニック小児科

 

資格

  • 日本小児科医会認定 子どもの心相談医

「起きれない」「学校に行けない」「気になる行動がある」などの、お子さまのメンタルヘルスに関わる様々な症状に対して、お子さまが持っている本来の健康な状態を取り戻し維持できるようお手伝いします。
ご家族だけで悩まず、抱えず、ぜひお問い合わせください。

皮膚科

荻野 千晶 先生
 
毎月第2・第4金曜日
 

経歴

  • 山形大学医学部卒業(1996年)
  • 横須賀市立市民病院
  • 茅ヶ崎徳洲会病院
  • 湘南鎌倉総合病院
  • 湘南かまくらクリニック

 

資格

  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医

一般的な皮膚科疾患全般(湿疹、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、水虫、ニキビ、イボなど)


施設紹介

 
クリエイトエス・ディー寒川店 向かい。
県道47号線藤沢平塚線に面しています。交通量が多いのでお子さんの飛び出しなどに気をつけてください。
 
交通案内の詳細は、「アクセス」のページをご覧ください。

 
クリニックは皆さんの健康を守る場所です。
受診することで他の病気をもらうことを避けるために工夫を凝らしました。

受付です。壁にはエコカラットというタイルを使用。見た目がかわいいだけではなく湿度調節や脱臭に効果が期待できます。きれいな空気でお待ちしてます。

メイン受付

待合室は明るく

外から見ると

待合室や診察室の壁には光触媒という処置を施しています。エコカラット同様に空気が少しでもきれいになるようにしています。天井は斜め勾配で吹き抜けの高い天井です。空気が循環されやすいようにこのような形にしました。

診察室は全部で5つあります。私が移動するので皆さんは指定された診察室でお待ちください。混雑している場合は待合室でお待ちいただきますが、お車やお外でお待ちいただくことも可能です。感染対策とプライバシーも守られるので安心して受診していただけます。

Web予約/事前問診、オンライン診療導入、事務手続きIT化など
待ち時間の少ないストレスフリーな診察を目指します。
 
使い方が分からないときはお気軽にスタッフまでお声掛けください。

スタッフが丁寧に対応しますので、
スマホ操作が苦手な方でもご安心ください。

特別診察室


こちらは主に感染症などの隔離のためのお部屋の入り口です。通常受付と分離しているので安心して受診できます。病院に着きましたらインターホンで到着をお知らせください。

駐車場


駐車場は6台あります。満車で止められないときは他の場所をご案内しますので、受付にお声掛けいただくか車内からお電話ください。

検査機器紹介

 

①アレルギー原因迅速同定機器

1滴の血液から41種類ものアレルギー検査結果が判定可能
当院ではドロップスクリーンという検査機器を導入しています。
検査の特徴

  • 指先からたった1滴の血液で41種類のアレルゲン検査が可能。
  • 針で指先の採血を取るだけなので失敗せず痛みも最小限で済む。

 
保険適用の検査ですので3割負担で約5000円(小児医療証が使える寒川町の子どもは0円)で受けることができます。
※本検査は便利な反面、数値だけでは誤った診断になる恐れがあります。とくに食物アレルギーで詳細な評価が必要なときには本検査のみでは判断できないこともあります。
当院ではアレルギー専門医として患者さんにあった検査を提案・的確な検査結果説明をしますので安心してご相談ください。

ドロップスクリーン

②スパイロメトリー(肺機能検査)

当院では喘息が疑われるときや、その状態をみるときに行います。
息を吸ったり吐いたりして肺活量や吸う力・吐く力を見ることができる検査です。
 
  • マウスピースをしっかりと咥える
  • 力強く息を吸ったり吐いたりする

など小さな子どもには少し難しい検査ですが上手く測定できれば喘息による気流制限を客観的に評価できるので診断や治療経過に有用です。
必要に応じて提案いたしますが、希望の方はご相談ください。

③呼気中一酸化窒素測定(FeNO)

 
 

喘息の患者さんでは吐いた息の中に含まれる一酸化窒素の量が増えてしまいます。この検査は吐いた息に含まれる一酸化窒素の濃度を測定することができるので、喘息の診断や重症度を評価することに用いられます。
スパイロメトリーと違いモニター画面を見ながらゲーム感覚でできるので未就学児(5歳くらい)でも実施できることもあります。
長引く咳や喘息っぽいと言われたがはっきりしないとき、喘息治療の効果判定などにとても有用な検査です。



④NODOCA

【新しいインフルエンザ検査機器】
NODOCAはノドの画像と体温や自覚症状等をAI解析することでインフルエンザ判定をする新しい機械です。新医療機器としての承認を取得した日本初のAI搭載医療機器です。もちろん保険診療で安心安全に使えます。従来のインフルエンザ検査(鼻に綿棒)とは違い、ノドを観察するだけなので痛みが少なく判定結果もすぐに分かります。とくに発症から時間が経っていないインフルエンザに効果を発揮してくれて、発症直後から検査可能です。ただし、発熱から時間が経過している場合は従来の綿棒による検査のほうが精度が高いです。当院ではNODOCAを導入しますが従来の検査法も継続して、患者さんの症状や経過に併せてより適した検査法を提案させていただきます。


※6歳以上・口をしっかりと開けられる という方が対症です。
※インフルエンザのA型、B型の判定はできません。(AでもBでも治療方法や自宅療養期間は変わりません)


⑤AED(自動体外式除細動器)

AEDは駅や空港のような公共施設やホテル、デパートなどの人が集まる場所に設置されている心肺蘇生のための装置です。突然の心肺停止の原因として多い“心室細動”という致死的な不整脈に対して絶大な効果を発揮することがあります。小児科ではめったに使用することはないと思いますが子どもだけではなく大人にも使用できる機械なので、近隣にも周知することで一人でも救える命があるかもしれないと考えて設置しました。あのクリニックにはAEDがあると頭の片隅に置いていただければと思います。

寒川こどもと
アレルギーのクリニック

〒253-0105
神奈川県高座郡寒川町岡田3−14−21
 

診療案内

休診日 
 木曜日・日祝日
診療科
 小児科、アレルギー科
 予防接種・乳児健診
※ただし公費ワクチン・健診は2024年4月より

アクセス


Google Mapで開く
クリエイトエス・ディー寒川店向かい
敷地内駐車場6台あり